ナゼ?「1+1=2」になるの?(続き)

科学

ナゼ?「1+1=2」になるのか…?

………

数字が発明された頃を想定したお話をします…。(^-^)

まず…、
全て同じサイズ・形の板が、たくさんある状態を想像して下さい…。

①板の1枚を手に取り、「1」って呼ぶコトにしました…。

②もう1枚の板を手に取り、「じゃ~、コノ場合は何て呼ぶ?」ヘ(・o・)ヘ

って~コトになりました…。(^-^)

③「2」って呼ぶコトにしました…。

………

ソレだけのコトです…。(^-^)

………

「2」と呼ぶコトにした、その時の板の状態は?

って~と…、

「1」足す「1」じゃんっ!

って~コトです…。(o^-‘)b

………

続きがあります…。(^-^)

④更にもう1枚の板を手に取り、「3」って呼ぶコトにしました…。

⑤同様に、「4」、「5」、「6」、…って呼ぶコトにしました…。

するって~と、アラ不思議…、ヘ(・o・)ヘ

「1」と「2」を合わせたら、「3」と全く同じに…!

「2」と「3」を合わせたら、「5」と全く同じに…!

てな具合に、

「数の法則が見えて来た!」(o^-‘)b

って~カラクリです…。(^-^)

人類が現れる前から元々有った、「数の法則」がね…。(^-^)

………

「数の法則」だけじゃ~ナイですよ…。(^-^)

数学用語で、

「~の定理」

とかって、聞いたコトありますよね…。(^-^)

………

ソレは、誰々が

「発見した!」(o^-‘)b

って、表現しますよね…。(^-^)

………

つまり、「地球の決まり事」を…

「見つけた!」(^-^)

って~コトなんです…。(^-^)

………

有名ドコロは「三平方ピタゴラスの定理」で…、

「直角三角形の斜辺を1辺とする正方形の面積は、
他の2辺のそれぞれを1辺とする各正方形の面積の和に等しい!」

とゆ~よ~なモノですよね…。(^-^)

上↑の図の

って~コトです…。(^-^)

そして、コノ法則はどの直角三角形に対しても

常に成り立つんですよね…。人類が現れる前から…。(^-^)

でも、発見したのはピタゴラスさんじゃ~ナイらし~ですよ…。(^-^)

………

しつこいよ~ですが、もう1度言います…。(^-^)

人類が現れる前から元々有った「地球の決まり事」の中の「数の法則」を発見し、

ソレを目に見えるよ~に表現した代表的なモノがコノ…

「1+1=2」…なんです…。(^-^)

「1と1を足したモノ」を「2」と呼ぶコトにしたワケですから…、

「1+1が2になって当たり前!」…なんです…。(^-^)

コメント